2011年01月31日

子供に読み聞かせたい!『じめんのうえとじめんのした』アーマE.ウェバー (著, イラスト)


じめんのうえとじめんのした (福音館のかがくのほん)


子供は好奇心旺盛です。どんなものにも素朴な疑問を持っています。

「夕焼けはどうして赤いの?」
「月はどうして明るいの?」
「植物はどうして大きくなるの?」
突然素朴な疑問を投げかけられたときあなたはどうしますか?

本書は子供の素朴な疑問に答えるべく「動物はみんな植物のおかげで生きている」というシンプルな事実がシンプルな絵によってまとめられた一冊です。

例えば、ポプラのようにせいたかのっぽで地面の下の根は横に延びているものや、大きく枝を広げるナラのように1本の太い根が下へ、下へ延びるものもいます。その他、にんじん・とうもろこし・じゃがいもなどのように根をはり、誰もが知っている地面の上の姿をしているものもあります。
この絵本は、まず、典型的な生物が、土や太陽、空気などと、どのように支え合って生きているかが、簡潔に示されます。

太陽や空気、水や他の生物と一連の深いつながりをもちながら生活している。自然界はこの生物どうし、生物と無生物の有機的なつながりをとおして、絶えず変化しながらも、ある平衡が保たれている事を知らせてくれます。

とりわけ、柔らかい文章とかわいいイラストで子供の心にまっすぐ届きます。
まず、子供に興味を持ってもらい自然への興味を持たせられます。ぜひ読んでみてください。




0.jpg

じめんのうえとじめんのした (福音館のかがくのほん)







--------------
お仕事のご依頼、杉田造園についてはこちらから→ http://www.sugizo.jp 
ご質問、ご感想はこちらです→
 m@sugizo.jp
twitterはじめました→ http://twitter.com/sugizo28


ブログランキングに
↓どうぞご支援くださいm(_ _)m
人気ブログランキングへ

posted by sugizo at 15:01| Comment(0) | 知恵の森 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月30日

つまらない日本に喝をいれる『神仏たちの秘密―日本の面影の源流を解く』松岡正剛(著)


神仏たちの秘密―日本の面影の源流を解く (連塾方法日本 1)


たらこ・スパゲティーに刻んだ海苔をかけて二本の箸で食べる。
「和風」や「和魂洋才」と単純に片付けてしまうには理解できないほど日本には文化が混ざり合ったモノが存在します。

例えば、古来には中国から漢字を学び、仮名を作り上げました。現代では、桑田佳祐が歌う「笑ってもっとベイビー 無邪気にオン・マイ・マインド」のように日本語と英語が混ざり合った不思議な言葉を生みだしています。
その他にもてりやきバーガーなんかもそうかもしれません。

本書は、日本人の持っている視点・考え方を「方法日本」という軸からわかりやすく解説し、日本の未来を構築する一冊です。

内容は、36人の各界リーダーを発起人とする「連志連衆會」で開かれた「連塾」で行われた公演を読みやすく再編集した高速ドキュメント・シリーズ。
その為、わかりやすく身近なたとえから始まり、日本が外来文化にどう対処し、どのように仏教を受け入れ、またどのように神話を作り上げたかも図解を交えて解説してくれます。

個人的には第二講の「神話の結び目」がおススメです。学校ではまず教えてくれない日本の神話の流れを解説してくれます。またそこで登場する日本神話構造〜神統系譜〜の図解は必見です。

その他にも第三講では、仏教にも触れ、多くの人が忘れてしまい、いま日本に足りないキーワードを示してくれます。

決して堅苦しくなく、著者の遊び心があふれており、歴史の流れを基本に据えながら「方法日本」の方法が浮かび上がるような内容です。

知的好奇心くすぐられる、とてもすごい一冊です。ぜひ読んでみてください。



0.jpg


神仏たちの秘密―日本の面影の源流を解く (連塾方法日本 1)






--------------
お仕事のご依頼、杉田造園についてはこちらから→ http://www.sugizo.jp 
ご質問、ご感想はこちらです→
 m@sugizo.jp
twitterはじめました→ http://twitter.com/sugizo28


ブログランキングに
↓どうぞご支援くださいm(_ _)m
人気ブログランキングへ
posted by sugizo at 11:02| Comment(0) | 知恵の森 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月29日

珠玉のフォトエッセイ『伊勢神宮から白山へ、その聖なる軌跡』伊勢白山道(著)


伊勢神宮から白山へ、その聖なる軌跡


今日の一冊は、どんな時にもページをひらけば、安らかな気持ちにさせてくれる一冊です。
本書は、『神々の故郷、白山』と『太陽と大自然の神々の地、伊勢』、ふたつの写真集の未収録写真を中心に再構成。伊勢-白山ラインを追体験できる内容です。

なにより、写真が美しく日本の聖地、自然を堪能できます。また、私たちが日常で忘れがちな日本の文化、自分らしさを思い出す為の手助けをしてくれる文章が、随所に添えられています。

読み終わった後、心が洗われた気分になる一冊です。ぜひ読んでみてください。




0.jpg


伊勢神宮から白山へ、その聖なる軌跡





--------------
お仕事のご依頼、杉田造園についてはこちらから→ http://www.sugizo.jp 
ご質問、ご感想はこちらです→
 m@sugizo.jp
twitterはじめました→ http://twitter.com/sugizo28


ブログランキングに
↓どうぞご支援くださいm(_ _)m
人気ブログランキングへ
posted by sugizo at 16:19| Comment(0) | 知恵の森 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。