2011年02月27日

願わくは、桜の咲くころに。西行法師終焉の地『弘川寺』



願はくは 花の下にて春死なむ
その如月の望月のころ

西行法師 『山家集』


IMG_7169.JPG


IMG_7171.JPG


賑やかな大阪市内から車で1時間ほど。まだ田園風景が残る大阪府南河内。
役行者の創建と伝えられる葛城山の麓に弘川寺はある。
ここは、歌人として名高い西行法師終焉の地として知られている。その他にも薬師如来像を本尊として、天武朝期に勅願寺となり行基や空海もここで修行したと伝えられている。


境内にはひっそりとしていますが、西行記念館があり、西行直筆といわれる掛け軸をはじめ、西行法師にまつわる数多くの資料が展示されている。また花と月をこよなく愛した西行法師にまつわり、樹齢350年余の海棠、隅屋桜、ツバキや梅も多く植えられている。


IMG_7213.JPG

IMG_7218.JPG

IMG_7202.JPG

IMG_7205.JPG

IMG_7229.JPG

IMG_7230.JPG

IMG_7234.JPG

IMG_7176.JPG




ちなみに、『願はくは 花の下にて春死なむ その如月の望月のころ』の如月は2月で西行法師の命日は2月16日なので、「花の下」の花は梅か桜か論議を呼びますが、この歌は、西行の家集の山家集の「花の歌あまたよみけるに」の桜の一群の中にありますの。従って、桜を指します。また如月は、旧暦の二月で、新暦だと3月上旬から4月上旬まで。

実は、この1190年二月の満月は、16日だったのです。しかし、お釈迦様の悟に憧れていた西行は、お釈迦様が亡くなった日、2月15日に死にたいと詠ったものとされております。

この世の美しさの月と桜が咲く中に。

このため、俳句の季語では、旧暦の二月十五日を西行忌としており、この歌からだそうです。


IMG_7228.JPG

IMG_7222.JPG
posted by sugizo at 09:27| Comment(0) | 物見遊山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月25日

今年の春はどこへ行こう 『この桜、見に行かん』 宮嶋康彦(著)

この桜、見に行かん


春を待ってるみなさんにおすすめします。

本書は、日本全国ベスト30の桜の樹を満喫する。南は九州・熊本の一心行の桜から北は北海道・松前町の血脈桜まで。桜を撮り続けた第一人者が贈るオールカラー・フォト・エッセイ集です。

著者は、1981年東京から標高1500メートルの奥日光に移住。1985年プレイボーイ・ドキュメントファイル大賞受賞。1986年から5年暮らした奥日光を引き払い再び東京の生活に戻る。以降、一貫して写真の富と言葉の富を融合させて新しい富を築く活動を続けている宮嶋康彦氏。テーマは自然で、特に人と自然が出合う接点がフィールドとする。

なにより、写真を眺めるだけでなく撮影データも掲載されており、撮影の際にも役立つ一冊です。他にも弘前公園のような超有名スポットだけでなく隠れた一本桜も紹介されており、桜の美しさを十分堪能できます。

春の足音が聞こえてきた今日この頃、今から計画しておくのも悪くないかもしれません。
ぜひ、手にとって読んでみてください。




0.jpg

この桜、見に行かん







--------------
お仕事のご依頼、杉田造園についてはこちらから→ http://www.sugizo.jp 
ご質問、ご感想はこちらです→
 m@sugizo.jp
twitterはじめました→ http://twitter.com/sugizo28


ブログランキングに
↓どうぞご支援くださいm(_ _)m
人気ブログランキングへ
posted by sugizo at 16:31| Comment(0) | 知恵の森 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月20日

これであなたも桜博士! 『桜の雑学事典』 井筒 清次(著)


桜の雑学事典


桜には人を引き付ける美しい魔力があるのかもしれない。
本書は、桜をめぐる文学、歴史、伝承の秘密を解く鍵が満載。その他「桜の名所100選」をはじめ、日本全国の名所、一本桜を紹介。詳細な「桜の日本史年表」も収録した一冊です。

桜は日本人の精神風土を映し出す妖しい多面鏡とまで呼ばれるほどかかわりが深い。花の咲くのを待ちこがれ、そのさまを愛で、散るのを惜しむ。桜を愛するDNAは古代より日本人に受け継がれてきました。

桜を題材にした本もまた膨大ですが、本書は桜ファンのために、桜にまつわる植物学、文学、歴史、名所・名木ガイド、等々、多面的にその知識を整理し、桜のすべてを理解するための情報をひとまとめにした画期的な桜学入門書です。

著者は、早稲田大学政治経済学部卒。百科事典・歴史雑誌等の編集を経て、現在、歴史・宗教・食文化などをテーマにした執筆を中心に、出版プロデューサーとしても活動。主著に『童謡・唱歌の故郷を歩く』『日本宗教史年表』(以上、河出書房新社)、共著に『酔っぱらい大全』『暦ことば辞典』『江戸・東京事件を歩く』『テレビ「水戸黄門」のすべて』などがある井筒清次氏。

日本の桜の8割はソメイヨシノがしめ、そのすべての遺伝子的に完全に同一など。日本の歴史とともに桜がどのような役割をしてきたかが手軽につかめる内容です。

いつの時代も桜は残酷なほど美しく咲く花。その美しさの裏側に迫った一冊です。花の咲く前に読んでおくと、美しさ、雅さがさらに増すかもしれません。




0.jpg

桜の雑学事典






--------------
お仕事のご依頼、杉田造園についてはこちらから→ http://www.sugizo.jp 
ご質問、ご感想はこちらです→
 m@sugizo.jp
twitterはじめました→ http://twitter.com/sugizo28


ブログランキングに
↓どうぞご支援くださいm(_ _)m
人気ブログランキングへ
posted by sugizo at 09:57| Comment(0) | 知恵の森 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。