2012年10月14日

京都撮影のアドバイス『京の花(秋冬)』水野克比古(著)


京の花 (秋冬) (Suiko books)


じりじりとした暑さがうそのように、涼風が身を包む。
まだ、夏の名残りがある秋の彼岸にも決まって彼岸花は咲く。季節は絶え間なく流れてゆく。

今日の一冊は、写真家 水野克比古氏が秋から冬にかけて咲く京の花の数々を美しいカラー写真で紹介する一冊。野の草に軒端に透き通った風を運ぶ季節に、哀愁の香をしのばせて咲く京洛の花々を写してくれる。

著者の水野氏は、京都をテーマにした写真集を多数出版する「京都写真」の第一人者。日本の伝統文化を深く見つめ、1969年から風景、庭園、建築など京都の風物を題材とした撮影に取り組んでいる。その作品は国内はもとより、「美しい京都を撮る写真家」として海外での評価が高い。

暑さもすぎ、観光シーズンでもある今日この頃。もし京都へ行く際は本書を片手に持っていくと、写真家ならではの目線もわかり、一味違った観光になるかもしれない。
さらに、有名寺院はもとより京都の穴場スポット等でも撮影されているので、写真を元に足を運んでみるのも面白いかもしれない。

見て楽しむだけでなく、写真を撮りに外に出たくなる一冊です。


001.jpg

京の花 (秋冬) (Suiko books)



--------------
お仕事のご依頼、杉田造園についてはこちらから→ http://www.sugizo.jp 
ご質問、ご感想はこちらです→
 m@sugizo.jp
twitterはじめました→ http://twitter.com/sugizo28


ブログランキングに
↓どうぞご支援くださいm(_ _)m
人気ブログランキングへ
posted by sugizo at 17:22| Comment(0) | 知恵の森 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。