2012年10月24日

心揺さぶられる名作『盆栽との対話』森前誠二 (著)


盆栽との対話


偉大な名作の影に必ず名人、またはカリスマが存在します。本書の著者、森前誠二もまた、その中の一人である。


著者は、かつて日光山・輪王寺の作庭師を務めた「植七」の一八代目に当たる。 15歳で竹楓園に入門。10代後半は一心に修行に励み、20歳で銀座三越の竹楓園銀座店の番頭に。全国の愛好家から信頼を得るが、盆栽の魅力をより幅広い 層に伝えたいとの思いから独立、「銀座森前」を開く。価格や技術に走る斯界の因習に異を唱え、どんな盆栽にも通底する「大自然の縮図」としての姿を慈しむ対座のあり方を一貫して志向する、まさに盆栽界の『カリスマ』である。


それだけに、氏が手間と時間をかけた盆栽は他では得がたいものである。その思いを盆栽のカラー写真と創作の根源ともいえる随想録が一冊にまとめられたとなれば、ぜひ手に取ってみたい。


本書の仕立てとして、盆栽は数ある日本の伝統文化の中でも華とし、園芸とは一線を画します。なぜなら、盆栽とは、人という業の塊が昇華して書き上げた「自然」とする。近年、ガーデニングや草花など、自然風と称した軟弱なものがもてはやされる中、自然を問い直し、日本文化の神髄を具現化します。


何より、紹介するのをためらうほど随想集は秀逸すぎる。なぜなら、本書には私に足りないことがすべて書かれているからです。本書を読んで、自然に尊敬の念を抱き、畏怖を抱き、己を問い質し、精神の高みを得る。心揺さぶられるほど力強いメッセージが数多くある。


盆栽の本とひとくくりにされてしまわれそうだが、本書は盆栽、日本文化、自然について学ばせてくれる珠玉の一冊である。


001.jpg

盆栽との対話





--------------
お仕事のご依頼、杉田造園についてはこちらから→ http://www.sugizo.jp 
ご質問、ご感想はこちらです→
 m@sugizo.jp
twitterはじめました→ http://twitter.com/sugizo28


ブログランキングに
↓どうぞご支援くださいm(_ _)m
人気ブログランキングへ
posted by sugizo at 16:35| Comment(0) | 知恵の森 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。