2012年09月23日

府民の森 むろいけ園地へ行ってみた。

R0010775.JPG


知ってますか!?
よく自然が少ないといわれる大阪ですが、都市部を取り囲むように「明治の森箕面国定公園」「金剛生駒紀泉国定公園」という2つの国定公園があります。
また、府民の森として大阪の東の端に位置する金剛生駒紀泉国定公園の主要な地点に府政100周年記念事業として大阪府が整備しました。府民の森は9つの園地に分かれ全体面積は556ha、甲子園球場の約138倍の広さがあります。
都市部からのアクセスも良く、スポーツ、レクリエーションの施設整備も進み利用者も増えています。


R0010750.JPG


今回はその中の一つ、むろいけ園地へ行ってみました。
ハイキングコースが内回りと外回りの2コースが整備され、どちらも1時間ほどで回れます。もし、なれれば、他の園地と合わせたりと幅を広げることも可能です。
生駒山に面している為、比較的なだらかなコースですので、散歩、ハイキング、山野草めぐりに最適です。
また、低山マニアの私にはうってつけ。ハイキング初心者でも楽しめます。


R0010757.JPG


森は古来から里山として親しまれたようナラ林が広がります。


R0010766.JPG


R0010768.JPG


比較的整備は進み林道は歩きやすいです。


R0010772.JPG


カキツバタ園も整備され、春先に楽しめます。今は時期が違うので残念。


R0010761.JPG


林道の分岐点などには、案内板も設置されています。ただ、ちょっとわかりにくかった。。。


R0010777.JPG

案内所は週末にはあいているようです。
園内で行われるイベントなどの告知を行っています。

小一時間ほどのハイキングでしたがコンクリートジャングルと言われる大阪を忘れさせてくれる森でした。



--------------
お仕事のご依頼、杉田造園についてはこちらから→ http://www.sugizo.jp 
ご質問、ご感想はこちらです→
 m@sugizo.jp
twitterはじめました→ http://twitter.com/sugizo28


ブログランキングに
↓どうぞご支援くださいm(_ _)m
人気ブログランキングへ
posted by sugizo at 09:49| Comment(0) | 物見遊山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月28日

作物学研究所へ行ってみた


R0010713.JPG

とある場所にある作物学研究所へ招かれ行ってきました。
生産規模の差、目的意識の違いもあり、樹木の栽培方法と言うのはあまり確立されていません。
また、栽培方法の研究は作物の方が進んでおり、研究も盛んです。その為、造園や樹木の栽培管理などには作物学から流用された工法なども多々あります。

R0010709.JPG

R0010707.JPG

ここでは、大豆、稲、トウモロコシなどの研究が盛んで品種改良などが盛んに行われていました。
やはりその研究の管理方法として、造園では思いもしない事が多々あり参考になりました。









--------------
お仕事のご依頼、杉田造園についてはこちらから→ http://www.sugizo.jp 
ご質問、ご感想はこちらです→
 m@sugizo.jp
twitterはじめました→ http://twitter.com/sugizo28


ブログランキングに
↓どうぞご支援くださいm(_ _)m
人気ブログランキングへ

posted by sugizo at 14:11| Comment(0) | 物見遊山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月10日

大人のTSUTAYA「代官山蔦屋書店」へ行ってみた


R0010686.JPG

昨年末にオープンし、ライフスタイルを提案する新エリア「代官山蔦屋書店」へ行ってみました。最寄りの駅は『代官山駅』ですが、『恵比寿駅』から徒歩でてくてく。約10分ほどで噂の「蔦屋書店」が見えてきます。

「代官山 蔦屋書店」は、「TSUTAYA」やTカードの運営をするカルチュア・コンビニエンス・クラブが手がける新しいコミュニケーション空間。代官山プロジェクトと題して、緑豊かな敷地に従来のイメージを覆す「TSUTAYA」と、生活文化を提案するテナント群を揃えて、「大人の文化」を楽しめる施設となっています。特に緑豊かなロケーションと本好きの私にとっては興味津々です。


R0010669.JPG

R0010671.JPG

R0010674.JPG


3棟からなる「蔦屋書店」は、都会の中でも低層の建物でゆったりとした創りになっています。約15万冊に及ぶ書籍・雑誌、約13万枚のレンタルCD、約8万タイトルの映画と膨大な量を集積。加えて「STARBUCKS(スターバックス)」や貴重なアートブックや雑誌とアートに囲まれるラウンジ「Anjin(アンジン)」、旅行の手配ができるトラベルカウンター「T-TRAVEL」、文具コーナーなど、本や音楽、映像をより深く味わうために併設されたスポットも見所。そして、棟と棟を結ぶスペースは緑化され、木漏れ日が印象的な、自然空間を演出します。


R0010665.JPG

R0010692.JPG

R0010683.JPG


ランドスケープのテイストは今はやりの自然風景造り。株立ちの木々や混植のグランドカバーが自然を思い起こしてくれます。また、既設の大木を活かしたり、大谷石のブロックを上手に演出し、現代にクラッシクな味を感じさせてくれます。特に、最近では少ない景石を使い、重みのある大人な空間を演出しています。その景石は長野県の石。私も良く使う貴重な景石です。ここに来て石にひかれていた人は私だけでした(笑)


R0010684.JPG

R0010688.JPG

R0010672.JPG


自然風景風というとよくあたりさわりのない貧素なランドスケープになるのですが、「代官山 蔦屋書店」では、大人のTSUTAYAのコンセプトを損なわないようシックで上品な造りに仕上がっています。ホントここはあのTSUTAYAかと思わせるほど、大人だけでなく若者も文化、芸術を共有でき楽しめるスポットです。


R0010666.JPG



--------------
お仕事のご依頼、杉田造園についてはこちらから→ http://www.sugizo.jp 
ご質問、ご感想はこちらです→
 m@sugizo.jp
twitterはじめました→ http://twitter.com/sugizo28


ブログランキングに
↓どうぞご支援くださいm(_ _)m
人気ブログランキングへ
posted by sugizo at 16:43| Comment(0) | 物見遊山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。